ザ リース ホテル & ラグジュアリー アパートメンツ - Queenstown, Central Otago, 9300, New Zealand
  • 1346291991_Red Stag (9)

ハンティング

サザンレイクス・ハンティングガイドでは、狩りを存分に楽しんで頂くためのパッケージプランをご用意しております。サザンレイクス・ハンティングガイドは、クイーンズタウンをベースに狩りをします。狩りをするのに優れた環境にあるため、様々な動物を狩ることができます。一例:ダマジカ、アカシカ、オジロジカ、シャモアなど

ヒマラヤタールとヤギ

ニュージーランドへバケーションに来られた方は、観光地巡りや様々なアクティビティでプランがいっぱいかと思いますが、実は狩りは空き時間に楽しんでいただけるアクティビティでもあります。

サザンレイクス・ハンティングガイドでは、半日で狩りをお楽しみ頂けるパッケージプランをご用意しております。狩りでは安全に肉や角の取り方などを指導していきます。角狩りは数週間に渡りお楽しみ頂くこともでき、弊社のお好きなロッジにお泊まり頂きながら山でのフライキャンピングや小屋にお戻り頂くこともできます。

通常、弊社がご案内する狩り場までは4x4のユーティリティビークル、ボートまたはヘリコプターで向かいます。ヘリコプターがもっとも早い移動手段となります。

狩りには終わりがありません。ご希望の場合は、お客様のご予算と日程(お時間)をお教え下さい。弊社で最適なプランを計画させて頂きます。

アカシカについて

アカシカは大きな枝角のある種類です(6x6/12枝角)。その角は体重よりも重いと言われており約180kgになる場合もあります。

鹿の鳴き声や足跡は、3月の後半から始まり4月末まで確認することができます。これらは雄鹿が別の雄鹿を挑発している声とされており、狩りの時期が始まるサインと言われています。アカ雄鹿同士が鳴き合う声で、ハンターは鹿の場所を特定して行くことができます。アカ雄鹿は2〜9月に狩りが可能。雌鹿は管理されたものを狩る事が一年中可能です。

ダマジカについて

ダマジカの特徴の一つについて、大きな手のひらのような角が挙げられます。ムースの角と似ていますが、それよりも小さいスケールです。

クイーンズタウンでは、ダマジカの美しい黒色の群れをご覧頂く事ができます。発情期は、4月初旬〜5月末頃。雄ダマジカは、3〜9月まで狩りが可能。雌鹿は管理されたものを狩る事が一年中可能です。また、雄ダマジカは発情期に他の動物や植物にとても攻撃的になります。雄のダマジカは雌鹿を守る時や他の雄鹿と戦うときなど、大きな鳴き声をあげます 。

ヒマラヤタールについて

雄のヒマラヤタールは南半球のエリアでは“山の王者”と言われており、世界でもっとも求められている角の為、非常に入手に困難な一つとしても知られています。彼らは、ヒマラヤでも最も傾斜が険しいエリアに生息していることから、地名が名前の由来ともなっています。 タールは元々、ネパールやチベットに生息しており、1904年に初めてニュージーランドで最も高い山・クック山にて放たれ繁栄していきました。大きな雄のタールは約140kgにもなると言われており、急峻なエリアで見つけることができます。

タールの生息するエリアまでは、ヘリコプターでの移動となり、素晴らしい経験となることをお約束致します。

雄と雌ともに一年中見つけることができます。雄の発情期は5〜8月とされており、この期間に雌と交尾します。雄のタールは、冬の期間首の周りに素晴らしいケープのような毛が生えことでも知られています。


Badge1 Badge2 Badge3 Badge5 Badge4